専門家から適切な助言を

交通事故

金額のアップを望める

車社会の現代において、交通事故は他人事ではありません。重い事故から軽い事故までを含めると毎年約50万件の交通事故が発生しています。交通量が多い東京は渋滞や規制などからあまりスピードが出せないことから死亡事故こそ少ないです。しかし、東京は人口が多いため、怪我が生じる交通事故件数はやはり多くなっています。交通事故の被害に遭った場合、当事者同士で示談交渉を行う必要があります。加害者側が任意保険に加入しているなら、被害者は保険会社と交渉を行います。問題なのは、保険会社の社員は法的知識が豊富であるため、被害者に対して有利な立場にあることです。保険会社も営利企業であるため、なるべく少ない額で和解をしようとするので、被害者に不利な内容で合意が形成されてしまうことも多くなります。もし、その額が不当に安いと感じるのであればそこで合意をするのではなく、弁護士に相談したほうが良いです。弁護士に相談をすれば、交通事故の被害に対する賠償としてその金額が妥当かを判断してくれます。それが不当だとわかれば弁護士に交渉を委任すると、額のアップを実現してもらいやすくなります。弁護士は裁判になればどうなるかを基準として請求する額を決めて交渉を行いますが、保険会社の方もその主張が正当である以上反論できません。その結果、満足のいく金額の支払いを実現してもらうことができます。東京は弁護士の数が多い地域であるため、交通事故専門の弁護士も少なからず存在します。判例や実務の知識を生かしてもらうことができるので、東京で相談や依頼を考えているなら交通事故専門の方を利用したほうが良いです。