相続税の納税負担を軽減

男女

親族間の争いも相談可能

多くの方が悩んでいるのが相続税。平成27年に改正された相続税により、以前よりも納税対象者が大幅に増加しています。大阪にマイホームを保有し少しでも貯蓄がある場合には、相続税の対象となるでしょう。相続税の申告には期限があるため、税理士に早期に相談しましょう。大阪には多くの税理士が事務所を構えていますが、税理士により相続税を得意としているかは異なります。年間100件以上の案件に携わっている事務所もあれば、法人や個人事業主の所得税に長けている事務所もあります。餅は餅屋に聞くのが大事なように、相続税は相続税を得意としている税理士に相談しましょう。ホームページを確認すれば、得意としているかは分かります。また、近畿税理士会に相談することで、相続税に長けた大阪に事務所を構える税理士を紹介してもらえます。また、相談先を選ぶ際には、他の専門家と連携しているかも確認しましょう。もし、親族間で争いになっている場合には、弁護士と連携した税理士がおすすめです。相続は争続とも言われており、多くのケースで争いに発展しています。トラブルをスムーズに解決するためには、弁護士の力が必要不可欠です。また、司法書士と連携している税理士を選ぶことも重要です。不動産の名義変更には、大阪の各地にある法務局に登記申請をしなければなりません。登記申請代理人となれる司法書士のサポートがあれば、登記申請の手間を抑えられます。大阪の多くの税理士事務所が、相続相談を無料としています。まずは気軽に問い合わせ、最適な相続スキームを組んでもらいましょう。