示談交渉でお悩みの方へ

弁護士バッジ

専門家に相談しよう

現在の日本で自動車の安全性能の向上の影響などもあり、交通事故の死亡者数は減少傾向にあります。その一方で死亡には至らずとも後遺障害が残るような重症を負うケースは少なくないといわれています。近年、福岡でも都市部を中心に公共交通網の発展した地域では自動車所有にかかるコストを考慮して、あえて自動車を所有しない世帯も増えてきているといわれています。しかし、自動車を所有していない世帯でも被害者という形で交通事故に巻き込まれる可能性があります。日本では自動車所有者は強制保険である自賠責保険への加入が義務付けられており、またそれに加えて任意保険にも加入することが一般的です。そのため、交通事故被害者は加害者側が加入している保険会社から十分な金銭補償が受けられると考えられがちです。しかし、比較的金額の算定が容易な物損等のケースと異なり、後遺障害の認定については相手方保険会社との見解の相違で揉めるケースも少なくないのが実情です。福岡で交通事故の示談交渉で悩んでいるのであれば、福岡での交通事故の示談交渉の実績が豊富な弁護士に相談してみることをお勧めします。弁護士を入れて交渉するかどうかで示談金が数百万円単位で違ってくるケースもあります。福岡には多数の弁護士事務所がありますが、それぞれの弁護士によっても得意とする分野が異なりますので、交通事故の示談交渉案件の経験を確認したうえで依頼するかどうか決めるのがよいといえます。